医療脱毛の種類によって変わるレーザー

脱毛について考える
医療脱毛にて採用されているレーザーは、たくさんと種類があります。

しかも、それらレーザーは波長についての相違があるのです。

あまり脱毛クリニックは情報を公開していませんが、おっしゃる通りレーザー機器には波長と呼ばれるコンセプトがあります。

それは数字によって表現されているのですが、本当はレーザーにより、波長の数字は大きく異なるのです。

例を挙げると俗に採用されているレーザーのケースは、波長は750前後になっているのです。

一般的なタイプですから、取り立てて肌に大きな影響が及ぶ訳でもないのです。

ところが、中には波長が長めなタイプもあるのです。

800前後の波長になっているタイプもあれば、実に1000を超えているタイプもあります。

それでこれら数字は、実を言えば肌に対する影響に大きく関わってくるのです。

俗に波長の数字が小さいタイプの事例は、肌にそれに対しは大きな影響が生じる事になります。

ですから上述で挙げた3つのレーザーの中では、800というタイプが、お薦め力が大きくなる訳です。

肌に対する刺激なども、そこそこに高くなると心積もりて良いでしょう。

ところが800や1000前後の波長のレーザーですと、そこまで肌に反対に大きな刺激が生じない性質があります。

わりとマイルドな性質がある上に、一度に広いところにそれに対し照射ができるですから、今の時代では波長が大きなタイプはよく使われているのです。

ですから自身が着目している医療脱毛では、どれ位の波長のレーザーなどかは、多少調査してみるのも良いでしょう。